婚約指輪のダイヤモンドを選ぶ

婚約指輪ダイヤモンドの4Cの選びかた

エンゲージリングにセットするダイヤモンドの4Cグレードを決める

世界共通のダイヤモンド評価基準の4Cを参考に、花嫁様に贈るダイヤモンドを選びましょう。あなたはどのダイヤモンドを選んでプロポーズしますか?

Carat カラット
重さ 重量が増える(大きくなる)ほど希少価値は高い
Color カラー
色の程度 無色に近いほど希少価値は高い
Clarity クラリティ
内包物の程度 無色に近いほど希少価値は高い
Cut カット
形の良さと研磨の質 カットが優れるほど輝く

婚約指輪用のダイヤモンド選びで重要なのは、ポロポーズや結婚の記念に贈るダイヤモンドに相応しいグレードを選ぶこと。ふたりの記念の婚約指輪用にはアクセサリークオリティーのダイヤモンドとは異なる選択基準が必要です。

ダイヤモンドについてさらに詳しく知りたい方は、「ダイヤモンド」のページもご覧ください。グレーディングのポイントなどもご紹介しております。

ダイヤモンドについてのページ

ダイヤモンドの見た目の大きさを優先?カラーを優先?

アトリエトントンで婚約指輪用ダイヤモンドを探しに来る方へお伝えする2つの方法。婚約指輪ダイヤモンドなので、カットグレードは基本的に最高のエクセレントカットです。

サイズ(カラット)優先で選ぶ
ダイヤモンドを見た時に初めての方でも簡単に見分けられる項目は、見た目の大きさです。最もわかりやすい0.2ctや0.3ctの見た目のサイズ(正確には重量です)を基準に、予算に合わせてカラーグレードとクラリティーグレードを決定します。
カラー(色)グレードを優先する
カラーグレードはダイヤモンド内部のクラリティクラリティに比べると肉眼で判断しやすいといわれるグレードです。色のトップグレード、Dカラーはとてもすっきりしてエンゲージリングに人気です! カラーを決定したら予算に合わせてクラリティも決定します。クラリティグレードの選択基準は選ぶ方それぞれですが、予算に合わせて肉眼で確認できないインクルージョンは許容する選び方もあります。

エクセレントカットにこだわらず、ベリーグッドのカットグレードにして予算内で見た目に大きい、ボリュームのあるダイヤモンドをお探しすることもできます。

クラリティはある程度までであれば、パッ肉眼でみた程度では判断できません。ダイヤモンドグレーダー経験のあるアトリエトントンならではの、クラリティがVS2やSI1のお気に入りインクルージョンダイヤモンドもあります。私の気に入るインクルージョンは少ないので、入荷は少ないですが気になる方はお客様ご自身で顕微鏡で覗いて確認してください。

ダイヤモンド選びで迷った時の参考と絶対譲れない必須項目

エンゲージリングのダイヤモンド選びは、重さ(カラット)と色(カラー)と内包物(クラリティ)と形と研磨(カット)の4つグレードを決定することほとんどです。4つのCはダイヤモンド選びのとても役立ちますが、4C以外にも選択基準となるポイントはあります。ダイヤモンドそのものの美しさを見て判断することも大切ですし、「ハート&キューピッド」や「トリプルエクセレント」も魅力かもしれません。4C以外で注目されるポイントもご紹介します。

トリプル・エクセレント
カット(Cut)・ポリッシュ(Polish)・シンメトリー(Symmetry)の「カットグレード」を決定する3要素の全てがエクセレント(Excellent)のトリプル・エクセレントの評価を得たダイヤモンド。*「トリプルエクセレント」ブランド名ではありません。
ハート・アンド・キューピッド H&C
婚約指輪用ダイヤモンドで紹介される「ハート&キューピッド」または「H&C」。専用のスコープでダイヤモンドを覗くと、フェイスアップ(テーブル面が上)からは8本の矢が見え、裏側のフェイスダウン(テーブル面が下)からは8個のハートが見えるプロポーションのダイヤモンドこと。丁寧に研磨されたラウンドブリリアントカットのダイヤモンドからこそ、現れる模様です。カットグレードにも含まれる、左右対象性「シンメトリー」と角度のバランス「プロポーション」の参考になります。
欧米ではハート・アンド・アローズ(Hearet&Arrows)と呼ばれますが、日本国内では商標登録の関係で「ハート・アンド・キューピッド」と呼ばれます。
ハート・アンド・キューピッド=輝くダイヤモンド?
H&C(ハート・アンド・キューピッド)だから、輝くダイヤモンドというわけではありません。プロポーション・研磨精度・対象性が良い一定の基準をクリアしたダイヤモンドとして選ぶと良いでしょう。アメリカGIAのダイヤモンドグレーディングレポートにハート・アンド・キューピッドの評価項目はありません。
婚約指輪に人気のダイヤモンドのサイズは?
エンゲージリングのダイヤモンドの人気サイズは、0.2ct~0.3ct台です。予算の制限もありますが、サイズ(カラット数)は控え目にして、カラーグレードとカットグレード、クラリティグレードの高いハイグレード(高品質)のエンゲージリングが人気です。
グレーディング・レポートは必要ですか?
ダイヤモンド・グレーディング・レポートはダイヤモンドを売却するとき以外に必要性を感じることは少ないと思います。ダイヤモンド鑑定機関での勤務経験者からは答えにくいですが、信頼できるお店で購入されて、転売用のダイヤモンドでなければ、必要ではないといえます。売却時にグレーディング・レポートが無くても、「ソーティング」があれば大丈夫だと思いますし、ソーティングもなければ、必要時にソーティングすることも可能です。何かお困りでしたらご相談ください。

ダイヤモンドそのものも良く見た上で、選択に迷った時の判断材料になるかもしれません。

鑑定書と鑑別書と価値鑑定3種類のレポートの違いについて

*ダイヤモンドの「鑑定書」とは、「資産価値」を評価するお宝鑑定の書類ではありません。最近では誤解を避けるため鑑定書と呼ばず、「ダイヤモンド・グレーディング・レポート」の正式名称で呼ばれる機会が多くなりました。

ダイヤモンド・グレーディング・レポート
ダイヤモンド・グレーディング・レポートとは、いわゆる「ダイヤモンド鑑定書」と呼ばれた書類です。カット(研磨済み)のダイヤモンドに発行されるダイヤモンドのグレーディンク結果(4Cや寸法、特徴など)を記した報告書です。ダイヤモンド鑑定書という言葉は資産価値についての誤解を避けるために使用を控え、「ダイヤモンド・グレーディング・レポート」と正確に呼ぶようになりました。
鑑別書 =IDレポート
「鑑別書」は、その宝石の鉱物名や宝石名、鉱物としての特徴等を記載した報告書です。天然か人工か? 天然なら何という鉱物か? 人工処理の有無?等の検査結果を記した報告書で、ダイヤモンドを含めた宝石全般に対してのレポートです。*グレードに関する記載はありません。
アプライザル・レポート
宝石のいわゆる「資産価値」をあらわすものは「アプライザル・レポート(apprisal report)」と呼ばれます。日本でほとんど見る機会はありません。
グレーディング・レポートの信頼性
ダイヤモンド・グレーディング・レポートの記載内容(4Cグレード)ではなく、どこの鑑定機関の「ダイヤモンド・グレーディング・レポート」か?です。4Cグレードはアメリカ宝石学会(G.I.A.)の評価方式が世界中で採用され、このGIA基準で作成されたグレーディングレポートが流通しています。
宝石鑑定機関のグレード不正事件
日本には多くの宝石鑑定機関が存在します(以前より少し減少しました)。2010年に日本の3大大手といわれる宝石鑑定機関の1社で、ダイヤモンド・グレードで不正していたことが発覚しました。大手の宝石鑑定期間でしたが不正の発覚後は破産に追い込まれました。
世界的に評価の高い宝石鑑定機関が安心
ダイヤモンドのグレードにこだわるなら、全世界での評価の高い鑑定機関の発行したダイヤモンド・グレーディング・レポートを選ぶと良いでしょう。アトリエトントンは、グレーディングレポートは単に付属すれば良いとは思いません。ダイヤモンドの価格やサイズやグレードにより、レポートがあったほうがよい場合も、付属しなくても良い場合もあると思います。予算によってはグレーディングレポートの費用をダイヤモンドのサイズや色の良さに回すのも検討の価値はあると考えます。

ブライダルリングのトップ戻る

来店予約と問い合わせメールフォーム

ページトップへ戻る

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。