立て爪エンゲージリングの種類

エンゲージリング - 婚約指輪の選び方

彼女が喜ぶエンゲージリングをどう選んだらいいのか

「彼女が感激する婚約指輪を贈りたい。でも、どんな指輪が喜ばれるのか分からない」と悩んでいませんか?

プロポーズは恋する女性にとって待ち望んだ幸せの瞬間。ですから贈られたエンゲージリングにあれこれ言うことはあまりないようです。ただ彼女の好みに合わず使われない指輪になるのは残念。
婚約指輪は、今までの人生で一番重要なプレゼントのお買い物です。彼女が満足し、自分も後悔しない「最高の婚約指輪」を選びましょう。

エンゲージリング選びの基本は「1.ダイヤモンドのサイズと品質(4C基準とその他)」、「2.指輪の素材(貴金属の種類)」、「3.指輪のデザイン」「4.指輪のサイズ」です。選ぶ前に知っておきたい「5.予算」と「6.選び方のポイント」もご紹介します。

1.婚約指輪のダイヤモンドをどうやって選ぶか -ダイヤモンドの大きさと品質-

男性が「ダイヤモンド」について知るタイミングは、婚約指輪を選ぶ時が初めてでしょう。
それまでは宝石にまったく興味がない方がほとんどです。ダイヤモンドについて何もわからなくても、予算を伝えておまかせいただければおすすめダイヤをご用意することはできます。

でも、大切な婚約指輪を価格だけで決めてもいいのでしょうか?デザインを選ぶように、ダイヤモンドもきちんと自分で選んでプロポーズすれば、より思いのこもった婚約指輪になるのではありませんか?
ダイヤモンドに関する予備知識は無くても、アトリエトントンで詳しくご説明するので大丈夫です。ダイヤモンドの鉱物としての特徴やグレードと価格の関係など、男性も興味が持てる内容で、自分なりにダイヤモンドを選ぶ参考になると思います。

理想的なダイヤモンドの品質とは?
一般的には世界基準の4Cを基にダイヤモンドをどれにするか選びます。4Cのうちカラー・クラリティ・カットのグレードを、Dカラー,フローレス,エクセレントカットにすれば最高級のダイヤモンドが選べます。トリプルエクセレントとハート&キューピッドの評価もあれば理想的です。
ただ、誰もが最高級のダイヤモンドを理想とする必要はないかもしれません。1段階違うグレードでも十分美しいこともありますし、ダイヤモンドのグレードによる差を知ってから選ぶといいでしょう。また、グレーディングレポートの評価だけに頼らず、必ずダイヤモンドの輝きを肉眼で確かめることが必要です。そうすることで品質・価格ともに納得できるダイヤモンドを選ぶことができます。
ダイヤモンドの大きさは
ダイヤモンドのサイズは価格の重要な要素であり、見た目に大きさの違いがはっきりわかります。
予算内で一番大きなサイズを狙うか、カラーやクラリティのグレードを上質にして小ぶりなダイヤモンドにするか、どちらが正解ということはありません。婚約指輪のダイヤモンドは0.2~0.35カラットが平均的です。
プロポーズ用にはハート&キューピッド
専用のスコープでダイヤモンドを見ると、上からは8本の矢、底からは8個のハートが見えるきれいなプロポーションのダイヤモンドに「ハート&キューピッド」の評価が与えられます。内側に秘められた大切なハートの模様が、ロマンチックなプロポーズをお手伝いします。

もっと詳しいプロポーズダイヤモンドの選び方

2.婚約指輪はプラチナ?ゴールド? -指輪の貴金属素材-

一般的に婚約指輪に使われる貴金属はプラチナとゴールドです。
「プラチナ」はPt950とPt900があり、プラチナの含有量が95%か90%かの違いです。最近はデザインによって、Pt1000もあります。見た目の色は銀色でどれも同じです。

「ゴールド」は18金のイエローゴールド、ピンクゴールド、ホワイトゴールドが一般的です。金の含有率はどれも75%で一緒ですが、見た目の色が異なります。イエローはいわゆる黄金色。ピンクゴールドは銅を配合しピンクっぽい色。ホワイトゴールドはロジウムメッキをかけることが多いため、見た目はプラチナのような銀色です。

人気のプラチナとダイヤモンドの色
婚約指輪の一番人気はプラチナで、ダイヤモンドの白い光がより一層際立ちます。彼女が想像するエンゲージリングは銀色に輝く指輪でしょう。ただ好みもありますし、少し黄色味や茶色味を帯びたダイヤモンドはイエローゴールドとの相性がよく、個性的で印象に残るエンゲージリングになります。選んだダイヤモンドを指輪枠に乗せてみると、金属の色による見え方の違いが分かります。
リングデザインとの相性もあるので、どんな指輪を贈りたいかイメージしましょう。ピンクゴールドはかわいい印象になるため、0.2ctまでのダイヤモンドが似合います。0.3ct以上のダイヤモンドを選ぶならプラチナがおすすめです。

ジュエリーに使われる貴金属の種類と性質

3.一番難しい(かもしれない)リングデザイン選び

日頃のファッションと好みをリサーチ
結婚を意識したら、日頃から彼女の好みや好きなファッションに気を付けます。シンプルでオーソドックスなデザインを好むのか、はなやかな飾りがある方が好きか、個性的で他の人があまり持っていないものを選んでいるか等、傾向が見えてくるはずです。彼女のお買い物に付き合って、どんなデザインを選ぶか観察してはいかがでしょうか。もし最近結婚したお友達がいれば、どんな婚約指輪をもらったのか、それについてどう思ったか、彼女に指輪についての感想を聞いてみるのも有効です。左手薬指のサイズも合わせてリサーチしておけば万全です。サプライズプロポーズを計画するなら、さりげなくリサーチしましょう。
手の形と指のタイプ
彼女の手指はどんなタイプですか?手と指は人それぞれの形があり、似合うデザインがあります。デザインの好みが分からなければ、似合う形の中から彼女のイメージの指輪を探すという方法もあります。

手指タイプ別おすすめエンゲージリング(作成中)

エンゲージリングの基本デザイン
一般に男性にとってデザインの違いは「あの指輪とこの指輪のどこが違うの?どっちでもいいじゃない。」という程度でしょうが、女性は細かなところも気にします。婚約指輪のデザインは、部分別で考えると選びやすくなります。リングの印象を決めるベースの形状や幅、ダイヤモンドがセットされた石座や爪の形、小さなダイヤモンド(メレダイヤ)の装飾があるか、などがポイントです。細部と全体の雰囲気を総合して、あるいは彼女につけてもらいたいデザインを想像して、最終決定されると良いでしょう。

婚約指輪のデザイン 腕・石座・爪

デザイン選びに迷ってしまったら
どのエンゲージリングがいいのか分からなくなってしまったら、原点に戻りましょう。一番の目的は彼女に結婚を申し込むことです。それならば奇をてらわずに、ソリテールリングにしてはいかがですか。婚約指輪として1度だけプレゼントできる、スペシャルなデザインです。

4.指輪のサイズを何号にするか

婚約指輪を用意する前に、できるだけ正確な彼女の左手薬指のサイズを知っておいてください。もしあやふやなら少し大きめサイズでお作りして、プロポーズ成功後にサイズ直しを承ります。プロポーズしたのに、指輪が小さくて入らなかったら気まずいですからね。アトリエトントンでダイヤモンドと一緒にお選びいただいたエンゲージリングのサイズ直しは初回は無料(ご購入から1年以内)でお直しいたします。

婚約指輪と結婚指輪のアフターサービス

あらためて予算について考える

婚約指輪の予算は平均で23万円くらいという統計結果です。そこには10万円の方もいれば40万円の方もいるということですが、大昔のようなお給料3か月分なんてことはありません。
結婚式の花嫁衣裳レンタルの平均費用が40万円以上というのですから、エンゲージリングなんてかわいいものです。一生残る大切な指輪が衣装レンタル料の半分くらいの予算と考えるとずいぶんお手頃です。お互いの未来を決めるプロポーズで贈るエンゲージリングは、彼女に喜んでもらえて自分も後悔しない予算を組んでおきましょう。

迷いながらも楽しんで選ぶことがポイント

ドラマチックなサプライズプロポーズでこっそり指輪を用意するときも、おふたりで相談しながら選ぶ時も、彼女が気に入るエンゲージリングが一番です。

カジュアルにしすぎない
立爪のエンゲージリングは使いづらいと敬遠されることがありますが、最近のデザインは昔に比べるとずいぶん使いやすくなっています。特別な婚約指輪は、カジュアルすぎるデザインより、どこに出ても見劣りしない流行のないデザインをおすすめします。日常使いをしたいといってもコンビニに行くときや家事をするときには必要なく、旦那様やお友達とお食事にいったり、おしゃれなショッピングくらいの日常を想定する方が現実的です。あらたまったパーティーやお祝い事、入学式等に、ファッションリングのような婚約指輪では不釣り合いです。
じっくり決める
なんでも即断即決できる方はともかく、プロポーズまでに時間があるならエンゲージリングはじっくり探しましょう。ダイヤモンド・指輪デザインを見て、ご検討ください。アトリエトントンでは一組貸し切りでご案内しますので、納得いくまでご覧いただけます。また買わないと帰れないとか、今日購入を決めないと価格が変わるなんてことはないのでご安心ください。組み合わせに迷ったら、おすすめプランもあります。
彼女の希望は?
「婚約指輪は立派じゃなくていい」「なんでもいい」とか、「婚約指輪はいらない」という彼女もいると思いますが、結婚されたお友達の話を聞いてみてください。やっぱりもらっておけば良かったとか、選べるなら別の指輪が良かったとか、もらえるなら大きなダイヤモンドにすれば良かったとか、いろんな声が聞こえてきます。そうでなくても、結婚前のタイミングでしか渡せない記念のエンゲージリングです。他人と比較したりせず、金額やダイヤモンドのグレードにこだわりすぎず、素敵な思い出と共に長く使ってもらえる婚約指輪を見つけてください。

来店予約と問い合わせメールフォーム

ブライダルリングのトップ戻る

ページトップへ戻る

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

鑑定士として多くのダイヤモンドを見てきた経験からご要望にあわせておすすめできるダイヤモンドを厳選しました。
その中から気に入った1つのダイヤモンドをお選びいただき、お好きなエンゲージリングにセットします!

6万円からご用意できるK18ゴールドの0.1ctエンゲージリングや、
0.3ct(D/VVS1/EX/HC)のプラチナ婚約指輪で23.5万円~等、
ご希望とご予算に応じて、大切なプロポーズの婚約指輪をご用意します。