重さで選ぶダイヤモンド

カラットウエイトで選ぶダイヤモンド

カラットとは、ダイヤモンドの重量を表す単位

有名人の結婚記者会見などで、「何カラットのダイヤモンドがセットされた婚約指輪をもらいました」とニュースになります。このカラットとは、ダイヤモンドの重量の単位です。

1カラットは0.20グラム
日本国内の宝石鑑定機関(中央宝石研究所とAGTジェムラボラトリー)の発行するダイヤモンドグレーディングレポートには、小数点以下3桁(1000分の1カラット)まで計測した重量が記載されます。アメリカのG.I.A.の発行するレポートは小数点以下2桁(100分の1カラット)までの記載です。
大きいダイヤモンドほど貴重
大きなダイヤモンドほど稀少で人気が高くなります。重量以外の条件が等しいダイヤモンドは、カラット重量があるダイヤモンドほど高価になります。
カラット重量が同じ場合は、他の4Cで価格が決まる
カラット重量が同じダイヤモンドは、カラット以外の他の4C要素(カラー、クラリティ、カット)の違いで価値(値段)は変わります。

大きさ優先か? 他のグレードにこだわるかが悩みどころ…

日常生活において、薬指に付けた婚約指輪のダイヤモンドのカラーとクラリティを見分けられる人はいないはず。しかし、大きさだけは誰が見てもわかります。アトリエトントンではカラーとクラリティを検討しながら、サイズの異なるダイヤモンドへのご提案もいたします。

見た目の大きさは誰でもわかる?
婚約指輪にセットするダイヤモンドには、男性としては理想的なダイヤモンドを贈りたいところ。4Cグレードのカラットウエイトはプロポーションが同じであれば、見た目の大きさで簡単に判断できます。
いたずらに重いダイヤモンドは輝かない
アトリエトントンでご紹介するブライダル用のダイヤモンドにはありませんが、ガードル部が極端に厚いダイヤモンドがあります。重量は重くて高価なのに、見た目が小さい上に輝きません。
人気のカラットより少しだけ軽いとお買い得?
カラットウエイトにも人気はあります。誰かに聞かれた際に、0.2より0.3カラットと、より大きく答えたくなるのが人情です。 その気持ちを反映して、市場の価格も変動します。例えば0.30ctと0.29ctを比較すると、見た目の直径はほぼ同じでもダイヤモンド1ctあたりの単価(ガイ)は0.30ctの方が高価になります。
0.29ctや0.38ctなどがご希望でしたら、ご相談ください。
歩留まり 小さくても理想的な輝き?それとも大きさ重視?
原石とカット済みダイヤモンド
歩留り(ぶどまり)とは、研磨後の宝石重量と、原石の重量比率。
理想のプロポーションのためにどんどん削れば、研磨後のダイヤモンドは小さくなります。しかし、研磨後の重量は十分でも、良いプロポーションでなければダイヤモンドは輝きは減少します。
1ct(カラット)の指輪。1石1ctとトータル1ctでは異なる価値
ダイヤモンドの重量と数に関する価値の違いにはご注意ください。
1ct(カラット)と表示のあるダイヤモンドリングでも、ダイヤモンド1石で1カラットの指輪と、複数個でトータル1カラットの指輪では、価値に数倍から十数倍の差が出る場合もあります。

植物の種を基準に、宝石の重さをはかる

カラットという言葉は、イナゴマメの実に由来するといわれます。イナゴマメのは種はとても粒が揃っていて、昔の宝石商たちは、乾燥させたイナゴマメの種を天秤の分銅として用いたと伝わります。今日では、カラットウエイトはダイヤモンドに限らず、すべての宝石の重さを表す単位として世界中で使われます。

4Cを参考にしたダイヤモンドの選び方

プロポーズで贈るダイヤモンドの輝くエンゲージリング。国際的に決められたダイヤモンドの品質を表す4C選びのページです。

アトリエトントンでは、宝石の中でも特にダイヤモンドをおすすめします。ダイヤモンドを心から愛する宝石鑑定士が、詳しく楽しくダイヤモンドの魅力と選び方をお伝えします。

ダイヤモンドのトップ戻る

来店予約と問い合わせメールフォーム

ページトップへ戻る

Diamond

ダイヤモンドは心を惹きつける不思議な宝石。お店でダイアを見る時は、価格だけでなくエピソードを聞くのも楽しいです。アトリエトントンでも、鉱物として、宝石として、ダイヤモンドの世界を様々な角度からご案内します。

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。