経済的視点からみるダイヤモンド

所有する喜びと、生命の維持に必要なもの

数十年前は、ダイヤモンドの価格は上がることはあっても下落するイメージはなく、資産と考えられて楽しんだ後も価値が残ると考えられていましたが、デビアスによりダイヤモンドの流通が変化しました。

現在、投機の目的でダイヤモンドを購入する方は少ない思います。お店のショーケースに並んだダイヤモンドには、店舗運営費や広告費、人件費等が販売価格に加算されたうえ、以前のようにダイヤモンド自体の値上がりも見込めないので儲けるのは困難だと思います(一部の希少価値の高いダイヤモンドは除く)。儲けるどころか、楽しくダイヤモンドを探しましょう。

マルクス経済学
「資本論」の著者、カール・マルクス(Karl Marx:1818~1883)は、資本主義を批判し、社会主義を唱えた人物。資本論でブラジル・ダイヤモンドを例にだし、「生産するのに要した労働の量によってものの価値が決まるから、ダイヤモンドの値段が高いのは当然である。もし、豊かな鉱山があれば、採掘の効率がよく労働量力は少なくダイヤモンドの価格は下がるであろう。さらに、もし、少量の労働で石炭がダイヤモンドに変えられるなら、その価値は煉瓦並みに下がるであろう」と論じた。
価値と必要性
私たちは、「水」無しで生活することはできませんが、ダイヤモンドは生命活動の維持に直接必要ではありません。 しかし、ダイヤモンドを所有しに身につけることで満足感と喜びを得ます。

ジュエリーの買い取り価格 購入時と売却時の価格差

購入した宝石を買取店に持ち込み、買取りの査定を金額を聞いたら「購入金額の何分の一」にしかならなかったと聞くことがあります。 ジュエリーの小売販売価格には、宝石と貴金属の価値に加えて、加工費と人件費、一般管理費や広告費などの費用が含まれるからです。また、買取りしたお店は、再加工や転売等で利益を得なければなりません。

使用後も値段の付くダイヤモンドジュエリー
ジュエリーの資産性とは、購入時の金額がそのままの資産価値として残るものではありません。何度も身に着けて金属がキズだらけ(破損)でも、貴金属の価値は残ります。特殊な例を除いて、パソコンや家電や洋服等では年数や状態により換金や買取り自体が難しくなります。
使用価値はあなたが決める
宝石は何回身に着けるかによって、使用価値が変わります。そしてたくさん使用しても宝石は破損しない限り価値が残ります。

購入金額は高価だけど、一日当たりの使用量では割安?

ダイヤモンドはとても高価です。
大切に扱えば、変質せずキズもつかないダイヤモンド。何十年どころか、何百年以上、変わらず輝き続けます。
何度も何度も身に着けて楽しんだダイヤモンドを、自分の子孫まで引き継いだとしたら、そのダイヤモンドはむしろ割安だったと思えるのではないでしょうか?
購入価格を使用回数で割り一日あたりの単価を計算すると、結果的に「毎日のコーヒー代より安かった」という時が来るかもしれません。

長い時間を旅をしたダイヤモンド
私達がダイヤモンドと一緒にいられる時間は、ダイヤモンドにからみたら僅かな一時かもしれません。実際45億年といわれます。
せっかく出会ったのですから、たくさん楽しみましょう。

「いざ」という時には、換金しやすいダイヤモンドジュエリー。幸運にも換金する必要に迫られなかったら、次の世代にダイヤモンドジュエリー引き継げばとても喜ばれるでしょう。

ダイヤモンドのトップ戻る

来店予約と問い合わせメールフォーム

ページトップへ戻る

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。