ダイヤモンドのカッティングスタイルの歴史

ダイヤモンドのカッティングスタイルの歴史

ダイヤモンドを磨く研磨の方法は、ダイヤモンド粉をオリーブオイルに溶いてペースト状にしたものを研磨盤につけて研磨します。「ダイヤモンドを磨くにはダイヤモンドで」を聞いたことのある方も多いと思います。

ダイヤモンドの屈折と分散を理解してカット(研磨)されたのは17世紀。推奨したのはルイ14世の宰相マザランと呼ばれる人物で、ブリリアント・カットの原型となる17面体のマザランカットの生みの親です。

トルコウスキー
1919年に20代の数学者、トルコウスキー(Tolkowsky)が光学的な計算に基づき理想のプロポーションを決めた。この理想的に光るカットを、アイデアル・カットと呼びます。

ブリリアント・カット

光学的な要素、光の反射、透過、屈折、分散(分光)で輝きは変わる。

シングル・カット
シングル・カットとは17の面を持つ初期のカッティングスタイル。現在でも見かることはあります。「メレ」と呼ばれる小さなダイヤモンドへのカットに有効です。
ブリリアント・カット
1700年ころにベネチアの職人ペルッチの作り出したのがブリリアント・カットである。したに錐形のを付けるとより輝くことを発見。この時代には、王侯貴族のパーティーで、ローソクの光で輝くダイヤモンドが求められるようになりました。
リカット
リカットとは、再研磨しカットしなおす作業のこと。アンティーク・ジュエリーのダイヤモンドのように、古いカットのダイヤモンドをより輝くように最新のカットを施したり、表面近くのインクルージョンを取り除くといった場合に行われます。基本的に、リカットした場合により価値が上がると見込めたダイヤモンドをリカットします。
世界の主なカッティング工場
ベルギー、ニューヨーク、イスラエル、インド

ダイヤモンドのカット評価の歴史

以前はGIAのダイヤモンドグレーディングレポートを見ても、現在のような「カットグレード」項目は無く、計測したカットのデータのみが記載されていました。1944年になると日本の宝石鑑別協議団体(AGL)が、カットの総合評価を開始します。この評価は、角度や比率などの数値が理論値に近いかを評価したもので、実際のダイヤモンドの輝きとは異なると考えられましたが、カットグレードの評価はダイヤモンド売買に携わる業界やお店、購入者に判断しやすく便利なものでした。

2006年1月にGIAも「ペインティング」と「ディギングアウト」の評価を加え、主観評価も加えたカット評価を開始し、ダイヤモンドのプロポーションを評価する、SARIN(サリン)やOGI(オギ)といったダイヤモンドのプロポーションを計測する機器にGIAのカットの評価データを組み込んで評価するようになりました。

2006年4月に日本でもGIA方式によるカットグレードに移行しました。

ダイヤモンドのトップ戻る

来店予約と問い合わせメールフォーム

ページトップへ戻る

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。