キュージェット 手軽で楽しい名作カーレース

最後まで勝敗のわからない白熱のレース展開!キュージェット -

キュージェットのデザイン キュージェットの木製のコマ キュージェットのプレイ風景
  • プレイ人数:2~6人
  • 対象年齢:10歳以上
  • プレイ時間:約40分

コースには、シケインや中央分離帯があり、後ろから迫るライバルをブロックしたり、燃料を使うコースへ遠回りさせたりします。燃料補給のために一度は入らなければならないピットコースの攻防も見ものです。
キュージェットは選んだ手札の数字で自分のレーシングカーを進めるシンプルなルールで、普段ボードゲームで遊ばない方もすぐに楽しめます!

  • 3,800円(在庫あり)
受賞歴
2005年 日本ボードゲーム大賞 国産部門1位
1989年 スウェーデン年間ファミリーゲーム部門大賞受賞(アベカエサル)
キュージェットは、1989年にドイツで発売された名作「アベ・カエサル」を日本の「メビウス・ゲームズ」がリメイクした作品です。
 ボードゲーム購入希望の方へ
今週は手作り体験と婚約指輪の打ち合わせのため、販売だけなら事前にお電話をいただければ対応できます。お電話なくご来店の場合は対応出来ない時間帯もあります。ご不便をおかけして申し訳ございません。 のんびり選びたい方、ルール説明をご希望の方は2日前までに予約をお願いします。よろしくお願いいたします。

ライバルをかわして、うまいコース取りで加速しよう!

キュージェットは未来を舞台にしたカーレース。
プレイヤーは1~6の数が書かれた24枚の山札から3枚の手札を持ち、順番にその手札を使って自分のレーシングカーを進めます。
1台しか通れない細い道、燃料を消費する外回りのコース、燃料補給のためのピットコースへのコース取りの攻防がレース展開を盛り上げます。

一番早くコースを3周し、ゴールすることを目指します。

  • 3枚の手札から1枚を選び、その数の分だけコース上を進ませます
  • 自分の山札から1枚補充します

手番ですることはこれだけなので、初めてボードゲームをする方や小さなお子様が理解しやすいルールです。どのタイミングでどの手札を出すか?そこが勝敗の分かれ目です。

レーシングカーを思い通りに走らせよう!
プレイ前の準備
プレイ人数に合わせたボード面を上にして、レースを行うコースとプレイヤーの順番を決めます。各プレイヤーは自分の色のレースカーをスタートラインにセットします。
レースカーと同じ色のアクセルカード24枚(1~6の数字が各4枚ずつ)と、チャージキーカード1枚を受け取ります。カードはよくシャッフルして手元に3枚を持ち、その中から1枚選んだ数で自分のレーシングカーを進めます。プレイしたら、自分の山札から1枚手札を補充します。
インコースを奪って、ライバルをブロック!
先頭の車は6のカードを使うことはできません
手番では必ず、前または斜め前のレースマスに車を進ませなければなりません。ただし、コース分離帯を横切ることや、他のレーシングカーを追い越すことはできません。ルールに沿った進み方ができない場合はパスすることができます。
キュージェットのルールでは、先頭を走るプレーヤーは「6」のアクセルカードは使えません。マスの数が多く移動力を消費するアウトコースでも、前進できるなら必ずレースカーを進めてください。
ピットをめぐる攻防
ピットコースをめぐる攻防
キュージェットのレース展開を盛り上げるピットインのルール。各プレイヤーは2周目が終わるまでに、チャージキーカードを出し、ピットコースに自分のレーシングカーをピットインしなければなりません。ライバルのコースと自分の手札を考え、直前のコーナーでアウトコースをとるなど、とても盛り上がるポイントです。
キュージェットは途中で自分の山札が無くなったら、残りの手札だけでレースを続けます。 もし何度もアウトコースを走り手札がつきたらリタイア(失格)です。全員がゴール、またはリタイアしたらゲーム終了。

ピットコースに入り、一番初めにゴールラインに到着したプレイヤーの勝利です!

ミニカー好きなお子様へのプレゼントにも!

キュージェットはアトリエトントンのボードゲームの中でも、男子の注目度の高いタイトル。シンプルなルールで簡単に遊べて、プレイ時間も適度。
勝敗の差がつきにくく、最後まで誰がゴールインするか分からないレース展開で、大人も子供も一緒に遊べるおすすめ作品です!

アトリエトントンの開封サンプルでキュージェットをご覧いただけます。

メーカー
メビウスゲームズ(2014年版)
作者
Wolfgang Riedesser (ヴォルフガング・リーデッサー)

来店予約と問合せメールフォーム

ページトップへ戻る

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。