アトリエトントンの彫金机

ピアノのチャーム - 手作りのシルバーアクセサリー

デザイン画の作成

ブックマーカーに付けたピアノのチャーム

ブックマーカーにピアノ鍵盤モチーフのチャームをつけました。オリジナルの作品ができるまでの手順を簡単にご紹介します。

デザイン画 鍵盤用の平板 鍵盤の形にカット

左…モチーフとなるデザイン画を描きましょう。
あまり悩まずに色々描いてみると良いものが出来上がるかもしれません。
得意な方法で楽しくデザインしましょう!
中…デザイン画が完成したら、シルバーの材料を用意します。
鍵盤用の平板と黒鍵用の角棒、ト音記号用の線材を用意します。
右…平板に寸法どおりに印をつけて、糸鋸で切り出してゆきます。

シルバーパーツの作成

シルバーパーツ・鍵盤 シルバーパーツ・黒鍵付き シルバーパーツ・ト音記号

右…銀の平板から切り出した鍵盤用の板に、糸鋸で筋を入れて白鍵を作ります。
中…黒鍵部分は、いぶし銀の色を濃くしたいので、シルバー925を使いました。筋を入れた板に黒鍵のパーツを乗せて、1つずつロウ付けします。
下…純銀の丸線を少しつぶしてからト音記号の形にしてゆきます。
ト音記号に線の強弱をつけてみました。

シルバーパーツロウ付け

デザイン画と確認 パーツのロウ付け 溶け始めるロウ

左…出来上がったそれぞれのパーツがデザイン画とあっているか確認します。
中…鍵盤とト音記号をくっつけます。
デザインの通りにセットして、ト音記号を溶かさないように気を付けてロウ付けします。
無事にロウ付けが終わったら、フラックスを落とすために洗浄します。
洗浄後は、艶が無くなりマットな銀色になります。
右…最後の仕上げは、細かいところも丹念に磨きます。

ブックマーカーへ取り付けて完成

再度デザイン画と確認 黒鍵を黒くいぶす 取り付けて完成

左…もう一度デザイン画と見比べてみます。イメージ通りにできました!
中…黒鍵はシルバーが変色する性質を利用して、黒くいぶしました。
黒くしたら、よりピアノの鍵盤らしく見えるようになりました。
右…ブックマーカーの本体に取り付けて完成です。

仲良しのお友達や恋人と手作りに挑戦しませんか?

アトリエトントンの手作り工房はゆっくり手作りを楽しめるように1組の予約制です。
おひとりも、おふたりも、お友達やご家族3~4人まで一緒に手作りできます。お申込前の見学も大歓迎! 気軽にご連絡ください。ご予約&お問い合わせは、お電話かメールにてどうぞ。

来店予約と問い合わせメールフォーム

ページトップへ戻る

Atelier

手作り工房で純銀のシルバーアクセサリーを作ってみませんか?
ペアリング以外に、ブックマーカー、ピアス、ペンダントトップのハンドメイド体験ができます。
自分だけのオンリーワンのデザイン、大切な方へのプレゼントなど、素敵なアクセサリーを作りましょう。

ピアノチャーム付きブックマーカー

ピアノ(音楽)好きな方へのプレゼントに手作りにチャレンジしてみませんか?

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。