晴天の青空がそのまま宝石になったようなブルーの宝石トルコ石

トルコ石 TURQUOISE(ターコイズ)

トルコ石 鉱物名:ターコイズ

トルコ石は、人類にとって古くから親しみのある宝石の一つ。病気を治す癒しの石、繁栄の石、または旅のお守りや落馬防止など、身を守る宝石として古くから人々が親しんできました。 古代インカ帝国やアステカの民族、アメリカの先住民族も幸運をもたらす宝石として、トルコ石(ターコイズ)を神聖な宝石として尊重し、メソポタミア(現在のイラク)では、6000年も前に作られたトルコ石のビーズが見つかっています。

鮮やかな空色と黒いネット状(蜘蛛の巣状)の模様が特徴的なトルコ石。伝統的な産地はペルシャ(現在のイラン)で、近年はアメリカ南西部のアリゾナ州などで産出するようです。トルコ石はカボションやビーズへの加工が一般的な宝石です。

  • 誕生石 : 12月
  • 星座石 : いて座
  • 宝石言葉  : 成功、繁栄
  • 宝石の力  : ストレス解消、危険から身を守る、行動力を高める
トルコ石のものがたり
トルコ石には、危険が迫ると色が変わって持ち主に知らせるという言い伝えがあり、身に着けるものを不幸から守る「幸運の石」と伝わります。空と水の神が宿る宝石として、雨乞いの儀式などにも用いられたと伝わります。
気になる男性に
変わった言い伝えでは、トルコ石は自分で手に入れるより、プレゼントされた方が力を発揮するとも…。 女性が男性にトルコ石を送ることで石の力が増し、送った方の女性も幸せになるとか…。

トルコ石の色と特徴

鮮やかなブルーの着色原因は、主成分の1つでもある銅による自色性の鉱物。鉄分が混ざると緑色を帯びます。

名前の由来
「産地ではない」トルコの名前の付いたトルコ石。トルコを経由してヨーロッパへ運ばれたために、フランス語で「トルコの石」と呼ばれたことが名前の由来と伝わります。 上質のトルコ石のことを、産地名から「ペルシャン」と呼ぶことがあります。

トルコ石の鉱物データ

トルコ石は、ミクロサイズの小さな結晶が集まってできた宝石で、銅とアルミニウムの水酸化燐酸塩化合物。多孔質で水分を含みます。

採掘されて水分が抜けると、結晶の間にすき間ができます。持ち主がトルコ石に触れることで、手からの油分が隙間に入り込み、透明感が増す(変色する)ことがあります。

  • 化学組成 : CuAl6(PO4)4(OH)8・5H2O
  • 結晶系 : 三斜晶系(微結晶)/ 塊状集合体
  • モース硬度 : 5~6
  • 屈折率 :  1.610~1.650 通常、スポット法で1.61
  • 複屈折 : 通常、検知不能
  • 比重 :  2.76(+0.14~-0.36)
処理
トルコ石(ターコイズ)は多孔質な上、モース硬度が5~6と比較的耐久性の低い宝石です。通常は、耐久性を向上させ変色を防ぐための含浸処理、光沢改善のワックス処理が施されます。
宝石鑑定士の目線
メイトリクス(黒いネット状の模様)があるトルコ石が天然石の場合、硬度に違いがあるので、メイトリクス部が母岩より削れやすくアンダーカットが確認できることがあります。注意深く観察してみましょう。メイトリクスは「スパイダーウェブ」とも呼ばれます。

ご自身で宝石を楽しむためのアトリエトントンからのアドバイス

トルコ石は、希少で高価な天然無処理のものから、アクセサリーとしてお手頃価格のものまで幅広く選べます。 大切なジュエリーとして使うか、日常のファッションとして身に着けるか、ご希望のトルコ石を見つけましょう。

自分なりの使い方
インディアンやバイク乗りなど男性的なイメージの強いトルコ石ですが、耐久性は低い繊細な宝石です。 変色や欠けを気にせず、無造作に大きな石やビーズをお守りのように身に着けるのもトルコ石らしい使い方。古来、トルコ石の変色や破損は、危険を知らせてくれたり、身代わりになってくれた証と考えられてきました。
耐久性を向上させた処理石など、用途に応じて選び、気軽に楽しむのもいいでしょう。
繊細なデザイン
アンティークに見られる繊細なジュエリーにも、トルコ石は似合います。忘れな草の青い花びらを小さなトルコ石で表現したデザインは、時代を超えた可愛らしさがあります。このようなジュエリーに使われているトルコ石は、慎重に取り扱って美しさを保ちたいものです。
お手入れ
トルコ石は取り扱いに注意が必要な宝石。 熱、溶剤などの化学薬品、汗や油分、化粧品などにより変色の恐れがあります。一般的には、炊事・洗濯時の使用は控えましょう。 通常は柔らかい布でから拭きするだけで十分です。
モース硬度が7以下で柔らかいので、砂埃でも傷が付く場合があります。から拭きする際には必ずホコリや砂の付着していないきれいな布で優しく拭いてください。
  • 超音波洗浄機 : 危険
  • 酸 : 危険
  • 温度変化 : 危険
  • ぬるめの石鹸水 : 注意

他の宝石とぶつけず、また強い衝撃は加えないように注意しましょう。

ジュエリーのトップへ戻る

ページトップへ戻る

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。