ジュエリーのお手入れ方法

使い終わった後にひと手間かけてお手入れしましょう!

面倒なお手入れは必要なし!ほんのちょっとだけ気を付ければ、ずっとジュエリーが輝き続けます。

宝石の中で一番硬度の高いダイヤモンドでも、割れたり欠けたりすることがあります。ダイヤモンド以外の宝石はもっと傷つきやすく脆いですから、取扱いには注意が必要です。 指輪やペンダントの貴金属は、力が加わると簡単に変形します。力仕事はもちろん、家事やスポーツでの着用は控えましょう。

薬品にも注意が必要です。薬品は整髪料、化粧品、マニキュア、除光液、漂白剤、洗剤など、身近なところでたくさん使われています。温泉に入るときもはずしてください。

ジュエリーの保管方法
ジュエリーの保管方法は、ジュエリー同士が接触しないよう保管することが大切です。仕切りのあるジュエリーボックスに収納するのが安心ですが、仕切りのないボックスやポーチに収納するときは綺麗で柔らかい布等で1つ1つのジュエリーをくるんであげると安心です。 また、宝石によっては、日光等の強い光のあたる場所に長く放置すると色が薄くなるものや、乾燥に弱い宝石もあります。

お手入れ・お掃除の仕方

まずジュエリーの素材を確認してください。

基本のお手入れ・
どのタイプにも共通するのは、使い終わった後、柔らかい布で汗や汚れ、ほこりを拭き取るお手入れです。
拭いたらしばらくトレーなどに置いて湿気を取り、ジュエリー・ボックスにしまいます。
よく身に着けるジュエリーは月に一度くらい、たまにしか使わないものは使うたびに、お手入れしましょう。
ダメージを受けやすい宝石が付いたジュエリー
トルコ石、オパール、エメラルド、ラピスラズリ、真珠、サンゴ、琥珀などは、耐久性がなく変質しやすい宝石ですから、基本のお手入れだけにとどめておきます。
しっかり汚れを落とすお手入れ
貴金属だけのジュエリーや、硬くて化学的に安定した宝石は洗うことができます。
ぬるま湯に中性洗剤を溶かし、柔らかいブラシで軽くこすります。
流水ではなく、必ず洗面器などの器の中で洗ってください。石が外れても大丈夫ですし、手をすべらせてジュエリーを落とすのを防ぐためです。
汚れが落ちたら、きれいなお湯に変えて洗剤をすすぎ、やわらかい布で水分をふき取ります。
完全に湿気がなくなってから、ジュエリー・ボックスに片付けます。
シルバーのお手入れ
シルバーの表面が黒ずんできたら、専用の磨きクロスで拭きます。
専用のクリーナーもあり、見違えるほど銀色に戻り、ピカピカ光ります。
黒ずむのを硫化(りゅうか)といいますが、最初から硫化を楽しむデザインを選ぶのも手です。
真珠のお手入れ
パールは汚れると使い物にならない上に、有機物ですから変質したら元に戻りません。お手入れが欠かせない宝石です。地肌にあまり触れていなくても、手の汗や整髪料など目に見えない汚れが付着します。
使用後は、ひと玉ずつきれいな柔らかい布でそっと拭いてください。
拭いたらしばらく湿気を取ってから、桐箱や布のケースにしまいます。
決して、日光や紫外線のあたる場所に放置しないでください。極端な乾燥や湿度も苦手ですので、保管場所には気を配りましょう。
特別なお手入れ
アトリエトントンでご購入いただいたご婚約指輪とご結婚指輪、ペンダントのジュエリーはお持ちくだされば、超音波洗浄機で洗浄と簡単な磨きなおしも致します。
お手入れとアフターサービスについては、お買い上げの際にご説明いたします。

宝石用洗浄液や特別な道具がなくても、家庭で簡単にクリーニングできます。
きれいにしてあげましょう。洗うと、見違えるほど輝きます。

ジュエリーのトップ戻る

来店予約と問い合わせメールフォーム

ページトップへ戻る

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。