自分で作る、手作りスピーカー完成!

数日間にわたって制作中の手作りスピーカーの完成までのページです

数日間にわたって制作中の手作りスピーカーの完成までのページです。各パーツを接着し、背面に穴を開けてスピーカーケーブルを通し、ターミナルとユニットを取り付けて完成するまでの工程です!

側面の板に各パーツを接着

各パーツを木工ボンドで接着します 重りを載せて歪みを強制 重りを増やしてしっかり接着
側面の板に、前面、背面、天板、底板を接着
初めの計画では、この工程で内部のL字型パーツも接着の予定。
しかし、スピーカー・ケーブルの取り回しが決まらずここでも後回し。
重りを乗せて
歪まずに接着するように重りを乗せます。
木工ボンドが乾くまで時間ができたので、
接着予定でだった内部のL字型のパーツも少し加工します。

L字型パーツの加工

良い音が出るようにおまじない スロート部の完成 スロート部の取り付け
スピーカー設計のポイント - 参考にした本によると
空気室の容量(ユニットによる)
ホーンの長さ(2m程度)
ホーンの断面(段階的に広くなる)

バックロードホーン型の設計のポイントとありました。

今回は小型化したので、推奨値よりホーンの長さは短いです。

ちょっとアレンジ2 スロート面積を狭くする
それでも少しでも良い音になるように、
L字型パーツの小と中に角棒を挟んで接着するという小細工。
これにより、スロート面積を狭くでき、幅広度合いも和らぎます。
これも効果は不明ですが、気持ちの問題です。
スピーカー・ケーブルは、最短距離でBOXの背面に決定
迷っていたスピーカー・ケーブルは、最短距離でBOXの背面まで通すことに決定。
L字型パーツに、スピーカー・ケーブルが通る穴を開けます。
穴あけ後、スピーカーBOX内部に接着。
このコーナーにも三角棒を取り付けます。

背面にも穴を開けてスピーカーケーブルを通す

スピーカーケーブルを通す 正面から除いたところ 背面からの様子
スピーカー・ケーブルを通す
スピーカー・ケーブルが通し終わったら、シリコンシーラントで穴を塞ぐ。
隙間から空気が漏れるのを防ぎます。

エンクロージャ完成まで、あと一歩

内部のパーツはすべて取り付け完了 内部の拡大画像 側面の取り付け 木工ボンドをたっぷり塗りました。

最後に一番大きなL字型パーツの接着。

左・右それぞれに作業を進めたので、対象です。

中央の写真
音がよくなることを「期待して」取り付けた三角棒のおかげで、見た目は90°だったコーナーが緩やかに見えます。
あとは側面を左右それぞれ接着したら、スピーカーBOXの完成。

ターミナルとユニットを取り付けたら、完成!

あとはスピーカーユニットを取り付ければ完成です。 背面のからの画像 完成 アンプに繋いで音を出します。

木工ボンドがしっかり乾燥したら、スピーカーBOXの作業は終わり。
あとはスピーカー・ユニットと背面のターミナルを取り付ければ音を出すことができます。

エージング
完成したばかりの自作スピーカーは、若くて?音が良くないようです。
少し時間が経つことで、「エージング」と呼ばれる時間が経つことで馴染み、徐々に良い音に変化するようです。

使用した感想

気になる音ですが、個人的には大満足。
オーディオ雑誌のようなのコメントができれば良いですが、説明が難しいです。

個人的な感想では、低音は出ていてしかも聞きやすい音に仕上がりました。

Tangbandのユニットを取り付けたスピーカーは、アトリエトントンに設置してあります。
興味がある方は聞きに来てください。

  • 木材 ------------------------- 約 4,000円
  • ターミナル ------------------- 約 1,000円(2個)
  • スピーカー・ケーブル --------- 約  300円(1m)
  • スピーカー・ユニット --------- 約 6,000円(2個)
  • 合計 ------------------------- 約11,300円

前のページへ 手作りスピーカーを作ろう!

ダイヤモンド婚約指輪と結婚指輪、手作りシルバーペアリングのお店

アトリエトントンは GIA G.G. の紹介するダイヤモンド婚約指輪の専門店です。素材を選びミルや彫りの模様をアレンジできるマリッジリングのセミオーダーもございます。 おたがいに手作りするシルバーペアリングも人気です!

ページトップへ戻る

Hobby

自作スピーカーBOX

アトリエトントンに設置した自作スピーカー。
ちなみに、アトリエトントンでペアリング制作や宝石についてのお話をしている際の音楽は、この自作スピーカーからの音ですよ。

遊びに来たら、良く聞いてね。

メモリ付近の拡大画像

スピーカー・スタンドも作りました。
角材を支柱にして、張り合わせた板を固定しただけの簡単なスピーカー・スタンド。
材料費は安くすみ、使い勝手が良くて重宝します。

スピーカーを置く板の幅が広いですが、設計ミスではありませんよ。
高校生時代に購入した、OnkyoのLiverpoolシリーズのスピーカー、D-500Ⅱ用に設計したためです。

趣味のページ

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。