ダイヤモンドの各ファセット

ダイヤモンドの各ファセットの名称

一般的な58面体ラウンドブリリアントカットのファセットの名前

ラウンドブリリアントカットのクラウン、ガードル、パビリオンといった各部位の名称はグレーディングレポートに記載されたダイヤモンドの輝きを決めるカットグレードとプロポーションを知るのに役立ちます。

クラウン(crown)
クラウンは、ファセットカットされたダイヤモンド(宝石)を横から見た時のガードルより上の部分。クラウンは「冠(かんむり)」を表します。
ダイヤモンドのクラウン部
ガードル(girdle)
ガードルは、カットされた宝石の最も外周にあたる部分で、クラウンとパビリオンの境界線。ダイヤモンドのガードルは、すりガラス状のものもありますが、最近の婚約指輪用はガードルにもファセット面をつけて磨いてあります。
ダイヤモンドのガードル部
パビリオン(pavilion)
パビリオンは、ファセットカットされたダイヤモンド(宝石)を横から見た時のガードルより下の部分。
ダイヤモンドのパビリオン部

有名なラウンドブリリアントカットは、ダイヤモンドのカットスタイルの一つで、クラウン側に33個のファセット、パビリオン側に25個の研磨されたカット面(ファセット)をもつダイヤモンドです。

テーブル(Table facet)
テーブルファセットは、一番上にある8角形の平らな面
テーブルファセット
スターファセット(Star facet)
テーブルファセットに接した8つの三角形のファセット。
スターファセット
ベゼルファセット(Bezel facet)
ラウンドブリリアントカットのクラウン部にあるメインファセットで、西洋凧(カイト)の形をしていることからカイトファセットと呼ばれることもあります。またクォインファセットやコーナーファセットと呼び分ける場合もあります。
ベゼルファセット
アッパーガードルファセット(Upper Girdle facet)
クラウン部にあるガードルに接した16個の三角形のファセット。
アッパーガードルファセット
ロワーガードルファセット(Lower Girdle facet)
パビリオン側にあるガードルに接した16個の三角形のファセット。
ロワーガードルファセット
パビリオンメインファセット(Pavilion Main facet)
パビリオン側にあるメインファセットで、ガードルからキューレットまでの細長いひし形をした8つのカット面。
パビリオンメインファセット
キューレット(Culet)
ラウンドブリリアントカットのパビリオンのカット面が集まる先端部でテーブル面と平行に研磨した非常に小さなファセット。最近エンゲージリング用のダイヤモンドは、キューレットをカット面にせず先端のまま(ポインテッド:Pointed)にすることが多いです。グレーディングレポートの表記は、NONEになります。
パビリオンメインファセット
ファセット(facet)とは
宝石のカットの際に外側につけられた多数の平面の研磨面のこと。*ファセットのことを、日本でガラスに用いられる切子面と聞くこともありますが、切子は溝を付けるカット手法で少し異なります。
ブリリアントカット(brilliant cut)とは
多数の三角形とひし形のファセット面をもつカットスタイル。ラウンド・ブリリアントのほか、オーバル、マーキス、ペアシェイプ、ハート等のブリリアントカットがあります。

ダイヤモンドの品質を見分ける グレーディングの世界

ダイヤモンドのグレーディングレポートを発行する際に調べるポイント。検査項目や評価方法を簡単にご紹介します。婚約指輪用のダイヤモンドをお探しの際、新潟市のアトリエトントンにお越しいただければ、実際に宝石鑑定用の顕微鏡を使って、実査にダイヤモンドをご覧いただけます。

ダイヤモンドのトップ戻る

来店予約と問い合わせメールフォーム

ページトップへ戻る

Diamond

ダイヤモンドは心を惹きつける不思議な宝石。お店でダイアを見る時は、価格だけでなくエピソードを聞くのも楽しいです。アトリエトントンでも、鉱物として、宝石として、ダイヤモンドの世界を様々な角度からご案内します。

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。