金床の上で純銀を叩いて棒状にする

インゴットを角棒にする - カナヅチで鍛造作業

シルバーアクセサリーの作り方2 金づちでトントンたたく

前回の純銀の溶解で作ったインゴットを、金づちでたたいて打ち延ばし、ローラーにかけて角形の棒材を作ります。

たたいて延ばす作業は、シルバーアクセサリー作りの基本作業です。

シルバー角棒

アトリエトントンで作る指輪に必要な銀材料を準備します。甲丸・平打ち・槌目どのデザインの指輪も、このページの打ち延ばしまでは同じ工程です。インゴットから約4.0mm x 4.0mmの角棒を作ります。

あけ型から取り出した地金を、金づちでまんべんなく叩いて締める - 鍛造作業

金床の上で銀の棒をたたく 金づちでしっかりたたいて銀を延べる 延べ作業後 長さの比較
四面を万遍なくたたき、溶解した地金をしっかり締める
カラカミ槌(金づちの一種)を使い、金床の上で銀地金を叩きます。叩くことで地金がギュッと締まり、割れにくく加工しやすい地金に変化します。
この作業は、銀粘土やワックス鋳造で作るシルバー製品と異なり、手作りならではの工程。純銀の「やわらかい」「かたい」といった感覚を、自分の手で叩いて感じてください。裏表を交互にひっくり返してたたくと歪みにくいです。
良い地金になるように、気持ちを込めてたたきましょう!
アトリエトントンでのペアリングじっくり体験コースでお二人に最初に行っていただく作業です。良い作品が完成するように、気持ちと力を込めましょう。リズミカルに“トン・トン”!ローラーの溝に入る太さになるまで、金づちで叩きます。

銀を赤くなるまで熱し、急冷する焼きなまし作業

銀の焼き鈍し作業 バーナーで赤くまるまで加熱する 水に入れて急冷後の比較、全体が白っぽく変化する
焼鈍(やきなまし)
銀は叩くや曲げるなどの加工を続けると、徐々に硬くなります。
硬化した銀は加工しにくく割れやすくなるので、焼鈍(やきなまし)して銀を軟らかい状態に戻します。
「なまし」の方法は、「熱して急冷」です。
ガスバーナーで、銀がほのかに赤くなるまで加熱
ガスバーナーの炎で純銀を加熱すると、徐々に光沢が消えて白っぽくなります。
さらに、淡い桜色へと変化。
*熱しすぎると表面が溶けるので、注意が必要。体積が小さければ小さいほど、すぐに温度が上がり溶けます。
水に入れて急冷
桜色になったら加熱を止め、水か希硫酸に入れて急冷します。焼なましをすると、再び叩いたり曲げたりの加工がしやすくなります。銀が硬くなるたび、このなまし作業を繰り返します。

溝ロールを使い、銀の角棒を作る

ローラー 角棒完成 2本にカット
溝ロール
金づちで形を整えて、良く締まった地金を、溝付きロールにかけます。
ロールは強く締めずに、軽い力でハンドルが回せる程度で使います。
地金は一定方向に通します。
倍の長さになったら焼鈍
ロールにかけると、銀が細く、長く形を変えます。
初めの2倍の長さになったら、焼き鈍しをします。
銀の4.0mm角棒の完成です。
指輪のデザインを決める - アトリエトントンでの作業時
この先、甲丸リングと平打ちリングで工程が分かれます。
どちらのデザインの指輪を作るか決まったでしょうか?
甲丸リングは、もう少し細い2.8㎜の角棒になるまでローラーの作業を続けます。
平打ちリングは、完成した4.0mm x 4.0mmの角棒を厚さ2.0mmになるまで平らにつぶして平板にします。

この作業は、指輪だけでなくシルバーアクセサリー作りの基本です。アトリエトントンのじっくり手作りコースでは、この鍛造作業から手作りを始めていただいております。お時間に余裕のない場合は、アトリエトントンで鍛造した材料を準備した手作り体験コースで指輪を作れます。

ペアリング手作り体験コースへ

仲良しのお友達や恋人と手作りに挑戦しませんか?

アトリエトントンの手作り工房はゆっくり手作りを楽しめるように1組の予約制です。
おひとりでも、おふたりでも、お友達やご家族3~4人まで一緒に手作りできます。お申込前の見学も大歓迎! 気軽にご連絡ください。ご予約やお問い合わせは、お電話かメールでお待ちしています。

ご予約とお問い合わせメールフォーム

手作り体験工房トップページへ戻る

ページトップへ戻る

Atelier

アトリエトントンは銀を素材に使った手作りペアリングとシルバーアクセサリーの作り体験教室を開いております。記念やオリジナルの手作り指輪のプレゼント、本格的な指輪作りや彫金作業を体験をしたい方はチャレンジしてみませんか?

彫金体験 金づちで銀塊をたたいています

溶かして固めた銀の塊を、金属の台の上で叩きます。
トン!トン!と何度も力を入れて叩いて指輪作りに適した地金を作ります。

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。