ブータブルUSBの作成、コマンド画面にdiskpartと入力

ブータブルUSBの作成 - 初心者パソコン製作記 第4回

WindowsOSインストール用USBメモリを作る

ファイルコピー中の画面

コマンド画面での作業が上級者に見えるブータブルUSBの作成。パソコンに詳しくなった雰囲気を体験できます。

ブータブルUSBのメリット
DVDドライブを搭載しないパソコンにも、OSのインストールが可能。
ブータブルUSBのデメリット?
インストールするパソコンが1台だけなら、わざわざ作る必要がない。
注意事項
USBブートに対応したマザーボードでなければ、作ったUSBは使えません。
参考画像のドライブ文字などは、お使いの環境によって変化します。
アトリエトントンでは故障や不具合、データの消去など一切責任持てません
チャレンジする方はご自分でも調べて、自己責任で手作りを楽しみましょう。
ブータブルUSBの作成方法もほかにもあります。ひとつの参考としてご覧ください。
ブータブルUSBの作成に使用したもの
DVDドライブ搭載のWindows7パソコン
Windows8 Proのオリジナルインストール用DVD
空のUSBメモリ4GB

コマンドプロンプトを管理者で実行 - Windows7での作成例

スタートボタンをクリック すべてのプログラム コマンド プロンプトを右クリック
USBメモリとインストールDVDをパソコンセット
パソコンにUSBメモリを差し込み、
Windows8のインストールDVDをDVDドライブに挿入します。
コマンドプロンプトを管理者として起動
デスクトップ画面の左下のスタートボタンをクリック。
開いたウィンドウの左側の下ある「すべてのプログラム」をクリック。
「アクセサリ」フォルダをクリック内の「コマンド プロンプト」を右クリック。
「管理者として実行」を選択。
「次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しましすか?」で「はい」を選択。コマンド画面が起動します。
コマンドプロンプトのその他の起動方法
「プログラムのファイルと検索」に「cmd」と入力。
「cmd.exe」を右クリック、管理者として実行、でも同様に起動できます。

diskpartコマンド

コマンドプロンプトの起動 diskpartと入力 DISKPARTの起動
diskpart
コマンド プロンプトの画面で、小文字で「diskpart」と入力し、Enter。
コマンドの入力の時、「 」は必要ありません。(以下同様)
少し待つと、「DISKPART>」と大文字に変換されます。

ディスクの一覧の表示と選択と消去

list diskの表示 ディスクの選択 ディスクのクリーン
list disk
続いて「list disk」と入力して、Enter。
PCに接続されているディスクの一覧が表示されます。
ブータブルUSB作成用のUSBメモリが認識されたかを確認。
画像では「ディスク1 オンライン 3850MB」と認識されました。
select disk
このPC環境では「ディスク1」でしたので、「select disk 1」と入力してEnter。
「ディスク1が選択されました。」と表示され、USBメモリが選択されました。
*ここでデータの入っているHDDやSSDを選択しないように注意!!
clean - USBのデータはすべて消えます
選択したUSBメモリを初期化します。「clean」と入力してEnter。
「DiskPartはディスクを正常にクリーンな状態にしました。」と表示されます。
*必要なデータは、事前にバックアップをとりましょう。

パーティションの作成と選択

パーティションの作成 パーティションの選択 パーティションをアクティブにする
create partition primary
パーティションを作成。
「create partition primary」と入力してEnter。
「DiskPartは指定したパーティションの作成に成功しました。」と表示されます。
serect partition 1
続いて「serect partition 1」と入力、Enter。
「パーティション1が選択されました。」と表示されます。
active
選択したパーティションをアクティブにします。
「active」と入力、Enter。
「DiskPartは現在のパーティションをアクティブとしてマークしました。」と表示されます。
「パーティション1が選択されました。」と表示されない(2013年11月 追記)
Windows 8.1 のアップグレードデータをダウンロードして、同様にブータブルUSBを作成しました。その際、「serect partition 1」を入力したところで、
前回とは異なり、コマンドと説明の一覧が表示されました。

フォーマットが完了したら、ドライブ文字の割り当て

フォーマット フォーマットの完了 「exit」と入力してdiskpartを終了します。
format fs=fat32 quick
「format fs=fat32 quick」と入力し、フォーマットします。
参考画像では「format fs=fat32」入力していますが、フォーマット完了までに時間がかかります。
フォーマットが完了すると、「DiskPartは、ボリュームのフォーマットを完了しました」と出ます。
assign
「assign」と入力してドライブ文字を割り当てます。
「DiskPartはドライブ文字またはマウントポイントを正常に割り当てました。」と表示されます。
exit
「exit」と入力してdiskpartを終了します。
「DiskPartを終了しています...」と表示されます。

ファイルのコピー - Windows8のOSデータをUSBメモリに書き込む

diskpartの終了 ファイルのコピー ブートコードの書き込み準備
xcopy F:\*.* /s/e/f H:\
コマンドプロンプトの画面で、「xcopy F:\*.* /s/e/f H:\」と入力。
大文字の「F」と「H」はPCの環境によって変更してください。
ここでの「F」は「DVDドライブ」を指し、「H」は「USBメモリ」です。
ドライブ文字(アルファベット記号)は、「スタート」・「コンピューター」を開いて確認します。
30分くらいでファイルのコピーが完了します。
cd /D F:\boot
USBメモリにブートコードを書き込みます。
「cd /D F:\boot」と入力してEnter。
ここでの「F」も先ほど同様、「DVDドライブ」の場所です。

ブートコードを書き込んで完成!

ブートコードの書き込み ブートコードの書き込み完了 ブータブルUSBの完成
bootsect /nt60 H:
「cd /D F:\boot」と入力したので、コマンドプロンプトでは、「F:\boot>」に変わります。
「bootsect /nt60 H:」と入力。
この「H」も「USBメモリ」の場所を指します。
Enterを押すと、コマンドプロンプトの画面で4行追加されます。
Bootcode was successfully~
最後に「Bootcode was successfully update on all targeted volumes.」と出たらブータブルUSBの完成です。
コンピューターの中のUSBメモリのアイコンが変化
完成後に「コンピューター」の画面を開くと、「リムーバルディスク」のアイコンがインストール用のDVDと同じアイコンに変わります。

完成したブータブルUSBを使って、OSをインストール

BIOS設定の起動順位をUSB起動に変える
パソコンの電源を入れたら、OSが起動する前に「Delete」キーを何度か押します。
上手く行くとBIOS設定画面に変わります。
Boot項目を選び、起動順位をUSBを1番になるように設定したらOKです。
設定を保存して、再起動すればUSBから読み込みます。
OSインストール画面が表示されます。

大切なデータを消さないよう、バックアップをしっかり取って遊んでみましょう!

ダイヤモンド婚約指輪と結婚指輪、手作りシルバーペアリングのお店

アトリエトントンは GIA 宝石学修了者(G.G.) がダイヤモンド紹介する婚約指輪の専門店です。プラチナかゴールド素材を選びミルや彫りの模様をアレンジの希望を決めていただき作製するマリッジリングのセミオーダーもございます。 お家の居間の手作り工房スペースでは銀素材で直接手作りするシルバーリングも記念のペアリングに人気です! 楽しいドイツのボードゲームも開封見本を多数ご用意して販売する新潟市東区の住宅地にあるお家の意店です。皆様のお越しをお待ちしております。

ページトップへ戻る

Hobby

ブータブルUSBを作る

通常WindowsOSをインストールするとき、光学ドライブでDVD読み込ませてインストールします。
しかし、光学ドライブが1台しかないのでブータブルUSBを作ってみました。

使用した4GBのUSBメモリ

4GBのUSBメモリです。
USBメモリの価格も下がってきましたね。
安価なものだと1GBあたり100円以下でした。

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。