新潟市にある宝石鑑定士のいる小さな宝石屋さん

4Cグレードのイメージ画像

ダイヤモンドの4C(よんしー)

ダイヤモンドの品質を表す4つのCとは?

4C(よんしー)とは、ダイヤモンドの品質評価の重要な4つの項目、「Color:カラー」、「Clarity:クラリティ」、「Cut:カット」、「Carat:カラット」のそれぞれの頭文字「C」をあらわす単語です。

Color カラー - どのくらい無色に近いか -

Color カラー - どのくらい無色に近いか -
ダイヤモンドのカラースケール
ダイヤモンドのカラーグレードとは、無色からどの範囲に含まれるかを表します。
23段階のカラーグレード
ダイヤモンドのカラースケール
色味の無い無色(COLORESS)の「Dカラー」から、黄味(LIGTH YELLOW)の「Zカラー」まで、23段階に分類されます。
無色:カラーレス(D,E,F,)
ほぼ無色:ニアカラーレス(G,H,I,J,)
ごくかすかな色味:フェイント(K,L,M,)
かすかな色味:ベリーライト(N,O,P,Q,R,)
色味あり:ライト(S,T,U,V,W,X,Y,Z,)
トップグレードの「Dカラー」の範囲や、セットするリング金属とダイヤモンドを組み合わせ、カラーグレードの詳細は、ダイヤモンドの色の等級、カラーグレードのページもご覧ください。 プロポーズには、花嫁様の純白・無垢といったイメージにあわせて無色のダイヤモンドが人気です。
カラーグレードを詳しく見る

Clarity クラリティ - 天然の証 地球深部からの手紙 -

Clarity クラリティ - 天然の証 地球深部からの手紙 -
インクルージョンがダイヤモンドの輝きに影響を与える
クラリティー(Clarity)とは、ダイヤモンドの内部特徴(インクルージョン)と外部特徴(ブレミッシュ)の大きさと位置、数や目立ちやすさ等を総合的に判断し表します。
天然ダイヤモンドは、地下数百万キロのマントル中の高温・高圧な形成された炭素の結晶。この過酷な条件下で育成中のダイヤモンドには、さまざまなインクルージョン(内包物)やブレミッシュ(外部特徴)が刻まれます。
11段階のクラリティグレード
ダイヤモンドのクラリティー・スケール
10倍での拡大検査で、完全に特徴を発見できない理想的なダイヤモンドを「フローレス」と呼び、「フローレス」から「I3」でまでの、全部で11段階に分類します。
(理想的)FL,IF,VVS1,VVS2,VS1,VS2,SI1,SI2,I1,I2,I3
婚約指輪にはクラリティについてとこまでこだわればいいの?肉眼で見えないミクロの世界、クラリティグレードの選び方へ
クラリティグレードを詳しく見る

Cut カット - ダイヤモンドも磨かなければ光らない -

Cut カット - ダイヤモンドも磨かなければ光らない -
ダイヤモンドも磨かなければ光らない
ダイヤモンドのカットグレードとは、ファセットが光といかに良く相互作用するかを評価した項目で、ダイヤモンドの各寸法(プロポーション)と研磨精度(ポリッシュとシンメトリー)から総合的に評価される項目。*ポリッシュとシンメトリーを合わせて、フィニッシュと呼ぶこともあります。
5段階のカットグレード
ダイヤモンドも磨かなければ光らない
ダイヤモンドの高い屈折率を計算して、より輝く理想的なプロポーションに研磨されたダイヤモンド「エクセレント」と呼び、「エクセレント」を最上位のカットグレードとして、「プアー」でまで5段階で分類します。
エクセレント(EXCELLENT)
ベリーグッド(VERY GOOD)
グッド(GOOD)
フェアー(FAIR)
プア―(POOR)
永遠の愛の約束にふさわしい模様が浮かぶダイヤモンドとは?花嫁様への思いを込めたダイヤモンド、カットグレードの選び方へ
カットグレードを詳しく見る

カラット Carat - ダイヤモンドの重さを表す単位 -

カラット C - ダイヤモンドの重さを表す単位 -
ダイヤモンドのカラット ウエイト
カラット(Carat)とは、ダイヤモンドの重さを表す単位のことです。メートル法の1カラットは200ミリグラムと定義されています。1カラット(ct)=0.200グラム、1グラム(1円硬貨1枚)=5カラット、他の3つのCが同じ場合、重量のあるダイヤモンドほど産出量が少いため、希少価値があり高価です。
婚約指輪に人気のカラット ウエイト
ダイヤモンドのカラットサイズ表
新潟の婚約指輪での人気は、0.2カラットと0.3カラット。プロポーズを決める時期は支出が重なるもの、理想や広告に惑わされず相手思う気持ちが大事です。決して無理をせず、検討しましょう。結婚指輪だけで良いといった花嫁様もやっぱり婚約指輪は喜びます。
重さで大きく変動する価格に潜むお得なカラットとは?大事なのは数値?それとも見た目? カラットウエイトの選び方へ
カラットウエイトの選び方
*本ページでは、"Carat"を「カラット」を表記しておりますが、別ページではキャラットと表記しております。「カラット」は金「ゴールド」の品位を表す単位に用いられるため、ダイヤモンド重量は「キャラット」を用いるほうが良いと考えますが、検索キーワードも考慮して「カラット」とさせていただきます。
4Cが世界標準になった利点
以前はダイヤモンドの評価に対する共通の基準はありませんでした。4Cが世界標準となってからは、品質についてのコミュニケーションが共通に行われ、購入者は自分が選んだダイヤモンドの正確な情報を得られるようになりました。そのため、誰でもダイヤモンドの内容を正確に判断したうえで、安心して購入できるようになりました。
4Cの考案者:GIA
ダイヤモンドは2000万年から数億年前にかけて地球が生んだ奇跡の石。天然の産物のため、同じものはふたつとありません。4Cは誰もがあこがれる貴重なダイヤモンドを、客観的に判断できる基準としてアメリカの宝石学会(G.I.A.)が考案し、現在は世界標準として用いられます。
G.I.A.=Gemological Institute of America(アメリカの宝石学会)

ダイヤモンドの品質を見分ける グレーディングの世界

ダイヤモンドのグレーディングレポートを発行する際に調べるポイント。検査項目や評価方法を簡単にご紹介します。婚約指輪用のダイヤモンドをお探しの際、新潟市のアトリエトントンにお越しいただければ、実際に宝石鑑定用の顕微鏡を使って、実査にダイヤモンドをご覧いただけます。

ダイヤモンドへ戻る

ご予約・お問い合わせ

上に戻る

Diamond

ダイヤモンドは人々を惹きつける魅力的な宝石。流行やスタイルに左右されにくいダイヤモンドジュエリーがあると、毎日を彩るファッションアイテムとして活躍してくれるでしょう。アトリエトントンはダイヤモンド好きの鑑定士として、プロポーズと婚約指輪のダイヤモンドも、記念や自分へプレゼントに、お守りとして等、様々なダイヤモンド探しのお手伝をいたします。

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

しっかり選んだ輝くダイヤモンドでプロポーズしませんか?

ダイヤモンド選びで優先すべきグレードや、大きさと品質による見え方の違い、鑑定時のチェック方法とあわせて宝石顕微鏡でしっかり確認しながら品質と値段についてお答えします。ダイヤモンド専門店のアトリエトントンなら、相場よりも安くご紹介、同じ予算ならより大きなダイヤモンドに手が届くかもしれません。