新潟市にある宝石鑑定士のいる小さな宝石屋さん

婚約指輪の素材の違い

結婚指輪と婚約指輪の素材 プラチナ or ゴールド

結婚指輪と婚約指輪に人気のプラチナと、長い歴史のゴールド

結婚指輪と婚約指輪に選ばれる金属は、主としてプラチナとゴールド。
どちらも産出量の少ない希少金属で、科学的に安定し、耐食性にも優れた性質の貴金属です。プラチナとゴールドのもつ不変性は、変わらぬ愛を誓うふたりを象徴する素材です。

プラチナ 日本人好みのジュエリー用貴金属

紀元前1500年代のエジプトで見つかったとされるプラチナ。歴史に残るプラチナは、ルーブル美術館所蔵の「テーベの小箱(紀元前700年頃)」に使われれています。ただし、プラチナが新しい貴金属として認識されたのは17世紀で、加工法が確立されたのは18世紀になってから。金や銀に比べて新しい金属と言えます。

ジュエリー向きの粘り強さ
プラチナ(Pt)はとても粘り強い性質をもつ金属で、ダイヤモンドをリングに留めるプロング(爪)の素材に最適です。 プラチナ100%はジュエリー用として柔らかすぎるため、割金(わりがね)にパラジウム(Pd)等を混ぜたプラチナ合金に加工して、硬度をもたせます。
現代では、微量の他金属を混ぜることでプラチナ1000(100%)でもエンゲージリングを作ることもできるようになりました。
宝石を引き立たせる無彩色の金属
プラチナは永く使用しても変色することのない、暗銀色の金属です。プラチナのもつ白色系金属の銀色は、無色透明のダイヤモンドを固定する貴金属として人気の素材です。ブライダルリングやプラチナジュエリーには、反射率と硬度に優れることからロジウムメッキ処理をすることもあります。
プラチナは1000分率で表します
婚約・結婚指輪には、Pt900、Pt950、Pt1000のプラチナ合金を選べます。
Pt900とは、1000分の900(90%)がプラチナで、残りの1000分の100(10%)を白金族のパラジウム等との合金にします。貴金属の中でも融点は1700度程度と高く、比重21程度で重いのが、プラチナの特徴です。色はやや暗い白色で、加工性に優れます。
一般的なPt950とPt900の見た目や耐久性は、普通に使用すると分かりません。金種刻印を見た時、分析した時に分かるくらいの差です。
ブライダルジュエリーの7割以上はプラチナ
日本人は特にプラチナジュエリー好きといわれます。高い純度(90%や95%)でジュエリーに加工されるプラチナは、純粋や不変、純白といった日本のブライダルのイメージに重なります。そのため、婚約指輪と結婚指輪の貴金属として人気があります。

ゴールド 魅力の黄金色

発見されたのは約7000年前といわれ、人類が古くから好んだゴールド。純粋な金は錆びることがなく、黄金色の魅力的な輝きを失いません。
ブライダルジュエリーではプラチナに押され気味だったゴールドですが、近年また人気が復活して、ゴールドの甲丸リングを結婚指輪に選ぶ方が増えています。

多彩な色が楽しめる18金
純金に混ぜる割金の種類により、18金の色が異なります。黄金色に輝くイエローゴールド、日本人の肌色になじみやすいピンクゴールド、銀色のホワイトゴールドの3色が主で、他にも様々な合金で異なる色合いが作り出されています。
純金の含有量を表す単位 K(Karat・カラット)
世界共通の単位「K(カラット)」は、K24(純金)、K18、K14といった品位を表示します。アルファベットを後ろにつけて、18Kと刻印される場合もあります。日本では24金や、18金とも呼ばれます。
K24は100%の純金です。K18は75%が金で25%がその他の金属ということです。ゴールドも1000分率で、750K(18金)と刻印することもあります。
ジュエリーには柔らかすぎる純金
純金(Au)はとても柔らかく力を加えると変形するので、指輪等のジュエリーには銀(Ag)と銅(Cu)等を加えた合金にして強度を持たせます。純金を好む方には、太め幅で厚みをもたせたボリュームのある純金リングをお作りします。
ゴールドが変化する化学薬品
純粋な状態ではほとんどの化学薬品に対して反応しないゴールドなので、日常使いするエタノールや洗剤などに気を使うことはありません。
王水(濃硝酸と濃塩酸の混合液)には溶け、水銀と接するとアマルガムという合金を作ります。しかしこれらの薬品には通常触れる機会はないので、問題ありません。

金の持つ永遠性と不変性から魔除けにも用いられ、遠い昔から、人々はゴールドの指輪や装飾品を身に着けてきました。旧約聖書にも金の貴重さが記され、いつの時代も心をとらえる装飾品として身の回りを飾ってきました。

誤解を招きやすい白金 プラチナ or ホワイトゴールド?

ホワイトゴールド(K18WG)と表記された指輪やジュエリーがあります。
ホワイトゴールドとは、金(Ag)に白色系の金属を混ぜた金合金を指します。英語を直訳すると「白金」となりますが、日本語で「白金(はっきん)」と言えば、プラチナを指します。

ホワイトゴールド(white gold) WG
黄金色の金(Ag)にパラジウム(Pd)等を割金として混ぜた金合金。ホワイトゴールドは割金によって色が暗くなるため、ロジウムメッキされることもあります。ジュエリーには「K18WG」「K18」と刻印します。
近年はメッキをかけなくても白いホワイトゴールドも開発されたり、あえて少し黄味のある銀色を楽しむシャンパンゴールドとしても人気が出ています。
金とパラジウム等合金の価格上昇でホワイトゴールドの価格が上がり、プラチナの代替品的にホワイトゴールドを選ぶ方は減りました。
プラチナ(platinum) Pt
学術用語で白金と呼びます。ジュエリー業界では誤解を避けるため「白金」の言葉は使用せず、プラチナと呼び、ジュエリーの刻印は「Pt900」「Pt950」と打ちます。

アトリエトントンでは、お好みの金属で婚約指輪・結婚指輪をお作りします。おふたりの結婚指輪を別素材でお作りすることもできます。ご希望をお聞かせください。

ブライダルリングのお問い合わせと来店予約

ブライダルリングのトップ戻る

上に戻る

Bridal Jewelry

新潟アトリエトントンの結婚指輪は、ふたりで手作りする原型からできあがる手作りマリッジリングとご依頼をいただいて作るオーダーメイドマリッジリングがあります。
プロポーズの婚約指輪のダイヤモンドは、宝石顕微鏡で見比べて、ご満足いただけるダイヤモンドをご紹介いたします。美しく輝くエンゲージリングを大切な方へ。

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

お選びいただいたダイヤモンドから、リングやペンダントのジュエリーをお作りします。宝石鑑定士の経験からおすすめするダイヤモンド、ご要望にあわせたダイヤモンドをお探しします。

プロポーズの予算に合わせた婚約指輪も気軽にご相談ください。小さなお店だからこそできる価格でダイヤモンド婚約指輪をご案内しております。