ジェイダイト(JADEITE)

ジェイダイト-翡翠 / 鉱物名:ジェイダイト(JADEITE)

日本で翡翠(ひすい)といえば、ジェイダイト:硬玉(こうぎょく)です。縄文時代から、装飾品に加工されており、王族などの古墳から出土しています。勾玉(まがたま)のイメージがあるのではないでしょうか?

「ジェイド」と呼ぶ宝石には、ジェイダイト(硬玉)とネフライト(軟玉)の2種類があります。見た目が似ているので、1863年までは区別されていませんでした。ジェイダイトとネフライトは化学組成や屈折率、比重などの特性が異なる、別の鉱物を指します。

  • 誕生石:5月
  • 星座石:
  • 宝石言葉  : 「心の平和」、「高貴」、「誠実」、「幸運」など

ヒスイの色と特徴

ネフライトよりもカラー・バリエーションが豊富。ヒスイは緑色と思われがちですが、赤・橙・黄・ピンク・ラベンダー・青・白・茶・灰・黒があります。
着色原因は、緑色がクロムおよび鉄、ラベンダー色は鉄の電荷移動により、イエローからブラウンは鉄による。

最高品質のジェイダイトは「ろうかん」と呼ばれ、珍重されます。

名前の由来
変化に富んだ色合いが、カワセミ(翡翠)のカラフルな羽の色に似ていたことから、中国で翡翠玉と呼ばれました。日本には、玉が抜けて翡翠とだけ伝わったのです。
和名
翡翠輝石(ひすいきせき)
翡翠のものがたり(歴史やエピソード)
縄文時代の中期、新潟を含む地域の日本海側に「越」という古代国家があったそうです。越の国では、玉の採取・加工が盛んだったと言われます。今でも、新潟県糸魚川市の海岸では、ヒスイ原石の採取ができるのですが、よほど通いなれた人でないと、見つけるのは難しいようです。
宝石鑑定士の目線(鑑別ポイント)
宝石に光を当てて、繊維が絡んでいる角度を調べてみましょう。124度の角度で繊維が交差していたらネフライト、93度ならジェイダイトです。

ジェイダイトの鉱物データ

  • 化学組成 : NaAlSi2O6
  • 結晶系 : 単斜晶系
  • 光学特徴 : AGG(DR)
  • 屈折率 : 通常1.66(スポット法)
  • 色因 : 鉄またはクロム
  • 比重 : 3.34(+0.06~-0.09)
  • モース硬度 : 6.5~7
  • 靱性 : 卓越
処理
染色、ワックス含浸、熱処理が行われます。

ご自身で宝石を楽しむためのアトリエトントンからのアドバイス

色がきれいなものを選びましょう。

お手入れ
布で乾拭きするだけでも十分です。
洗浄する場合は洗面器にぬるま湯をため、洗剤をつけた歯ブラシ等で優しく洗ってください。
  • 超音波洗浄機 : 通常安全
  • ぬるめの石鹸水 : 安全

靱性が強いので、多少ぶつけても割れたり欠けたりしにくいですが、傷は付きますので取扱いには注意が必要です。

ジュエリーのトップへ戻る

ダイヤモンド婚約指輪と結婚指輪、手作りシルバーペアリングのお店

アトリエトントンは GIA 宝石学修了者(G.G.) がダイヤモンド紹介する婚約指輪の専門店です。プラチナかゴールド素材を選びミルや彫りの模様をアレンジの希望を決めていただき作製するマリッジリングのセミオーダーもございます。 お家の居間の手作り工房スペースでは銀素材で直接手作りするシルバーリングも記念のペアリングに人気です! 楽しいドイツのボードゲームも開封見本を多数ご用意して販売する新潟市東区の住宅地にあるお家の意店です。皆様のお越しをお待ちしております。

ページトップへ戻る

新潟市のアトリエトントンでお待ちしております

アトリエトントンでシルバーペアリングを手作りしませんか?

銀材を叩いて、曲げて、ヤスリで削って磨いて、ふたりの手による手作りです。
完成したリングの内側にメッセージや日付を彫れば記念やプレゼントにもピッタリ!
完全手作りのシルバーリングはその日のうちに持ち帰れます。

詳しくは、手作り指輪とシルバーアクセサリー作り体験をご覧ください。